うつ病の症状

うつ病になると、心と身体の両方に症状が出ます。心の症状として代表的なのは、生活全般に対する意欲の低下です。この病気にかかると、気分が大きく落ち込むようになります。まわりの人が励ましてなんとかなるような気分の落ち込みではなく、病気によるものですから病院で治療を受けて薬を飲む必要があります。

心の症状以外に、うつ病で眠れなくなったり、身体に症状が出ることもあるようです。気分の落ち込みが先ではなく、糖尿病などの生活習慣病にかかることでうつ病になることもあります。生活習慣病を治すために服用している薬の影響などで、脳の機能に影響を与えている場合もあります。病気のせいで元気がないなどと思い込まずに、うつ病の可能性を考えることも大切です。

誰でもイヤなことがあれば、気分の落ち込みや体調不良などを経験するだけに、この病気に気づけないことがあります。しかし、何をしても楽しくない、今まで興味を持てていたものにまったく関心が持てなくなっているような場合は、うつ病を考えてみてください。本人が気づかない場合でも、まわりの人が何か病気ではないかと気づける場合があるようです。家族などの説得により病院に行くことで、やっと病気に気づけるケースがあります。