うつ病になる原因

うつ病になる原因ですが、脳の働きになんらかの障害が起きて症状が出ると考えられています。脳の中では、情報を伝達するためにさまざまな神経伝達物質が分泌されています。神経伝達物質には、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどがあります。これらの神経伝達物質が減ることで、病気が引き起こされるということです。

うつ病にかかる人の中には、生活環境が変わったり、なんらかのストレスを受けることで発症する場合があるようです。原因がひとつとは限りません。複数の要因が重なって、うつ病にかかることがあります。一口にストレスと言っても人によって異なり、さまざまな出来事があります。一般的なストレスというと、離婚やリストラのようなマイナスのイメージがありますが、結婚や栄転のような明るい出来事がストレスを与えるきっかけとなることもありえます。

環境の変化に対する受け止め方は人それぞれであり、ストレスの種類も異なります。うつ病になる原因はコレだと決めつけずに、気分の落ち込みや体調不良を感じられる場合は、病院に行って診断を受けてみたほうが良いでしょう。まだ症状が軽いうちであれば、うつ病になる原因がわかることで早急に対処できるかもしれません。