個別輸送機関であるハイヤー

移動手段と聞いて思い浮かべるものは、人によって異なります。電車やバスなどの公共交通機関を、会社の営業マンや飲み会で遅く帰ることが多い方はタクシーを、また自家用車を思い浮かべる人もいるかもしれません。その中でハイヤーが出てきた人はいるでしょうか。ハイヤーはかなり特別な乗り物であるという認識が多くの人にあるかもしれませんし、またはイメージがわかない謎の車かもしれません。そこでハイヤーとはどういう乗り物かを論じてみたいと思います。

ハイヤーはタクシーも含めて個別輸送機関に含まれます。電車やバスなどの公共交通機関が不特定多数の乗客を相手にしているのに対し、個別輸送機関は特定の乗客を相手にするという違いがあります。タクシーは走った距離に応じて料金が加算されますが、ハイヤーは利用した時間に対して料金が決まります。タクシーはただ目的地に送るだけの乗り物というイメージですが、ハイヤーは乗客をお乗せしている時間に対して料金をいただいているという意識であるため、乗客に心地よく乗車してもらうための様々な配慮がなされています。具体的にどういう行動をとるかというと、安全運転を徹底してくれることです。乗客に恐怖を与えるようなことは決してすることはなく、安心感を与えるような運転に徹します。乗車されている時間を、本を読んだりテレビやラジオを聞いたり、寝てもらったりなど自由に好きなことをしてもらうためです。乗車しているときに怖い思いがあると、何も手につかなくなってしまう恐れがありますが、安全であれば、身を任せられるため好きなことを行えます。

ハイヤーは高級車というイメージをもっている方もいると思いますが、それは会社の社長や重役が利用していたり、政治家やVIPの移動に利用されているためでしょう。社会的にステータスの高い方々が利用する車であり、いつかは乗ってみたいという憧れを抱いている人もいるかもしれません。しかし一般の方でもハイヤーを活用するシーンはたくさんあります。たとえば、結婚式や新婚旅行などの人生における特別なシーンです。結婚式場から披露宴会場までの移動では、ウェディングドレスのままでの移動になるでしょうから、しっかりとした対応をしてくれて、移動も安全運転に撤してくれるハイヤーなら安心です。新婚旅行では効率良く観光をするために、周遊場所と所要時間を練り上げてくれる専門家が必要です。ハイヤーであれば安心して任せられます。