英語にも対応できるハイヤーという手段

グローバル化が進展した今日において英語はビジネスにも必須の言語となっていますが、学校で英語教育を受けたはずの日本人の多くは英語で会話をすることが苦手であり、外国人との意思疎通には通訳などのエキスパートを必要としています。この状況は国内の多くの企業でも同じである場合が多く、海外の取引先の企業から重役などの訪問を受ける場合にも、さまざまな困難に直面してしまいます。

契約交渉などの直接的なビジネスのシーンであれば、少なくとも英語に堪能な少数のスタッフを駆り出すなどしてその場をしのぐことができるとしても、観光その他の接待にまで語学堪能な人員を割くことは一般には難しいといえます。このような場合には、ハイヤーを貸し切ることが有効であるケースがあります。ハイヤーはタクシーとは違って完全予約制が基本となっており、当日はあくまで依頼者の専属の移動手段として機能します。流しのタクシーであれば手を挙げればどこでも誰でも乗ることができるという点と比較すると、いささか利用しにくいイメージを持ちますが、実際にはそのようなことはありません。逆にハイヤーは専属という特性から、依頼主の希望にあわせて時間や経路、目的地などを自由に設定することができるというフレキシブルさに恵まれており、相手にあわせて活用できる点ではタクシーよりもはるかに優れた面があります。

ハイヤーの場合は一般のタクシーなどよりもグレードの高い車種を用いていますので、ある程度の品格が求められる相手を乗車させるのに適しています。少なくとも車内では高級シートに座ってリラックスしながらの移動が可能なため、相手への配慮として最善を尽くしていることになります。

運転手の質の高さについても、ハイヤーが誇る特徴のひとつです。ハイヤーは重役出勤などのシーンでもよく用いられていることからもわかるとおり、専属とするに足るだけの資質をもった運転手が多く在籍しています。なかには英語などの外国語の会話ができるスキルをもった運転手も存在します。このため空港からの出迎えにはじまり、都内などの主要スポットの観光も、相手のペースにあわせて適宜プランを組んで実行したり、英語で現地案内をするといったことも可能です。バスや電車などといったほかの交通手段と比べてみれば、英語でここまでのおもてなしができるケースは稀であって、目的によってはハイヤーがいかに優れた交通手段かがわかります。