インバウンド観光にも活用できるハイヤー

最近は訪日する外国人の観光旅行、いわゆるインバウンドの話題が新聞やマスコミでも取り沙汰される機会が多くなっています。日本が長引く円高不況から脱却し、円安方向に傾いていることは、外国人にとってみればよりリーズナブルな価格で日本の観光を楽しむことができるようになったことを意味していますし、東京オリンピックのような大規模なイベントが続々と開催されていることも、日本への興味を広げる主な要因といえます。

このような流れに乗って、大学時代に親しくしていた留学生、あるいはビジネスでつながりのある取引先の会社の役員などが、ふいに日本を訪れることになり、そのホストとしての役目を担わなければならない場合なども少なくはないはずです。相手の属性はさまざまといっても海外からやってきた人々をもてなすとなると、一般の人にとってはいったい何から手をつけてよいのかわからず困惑してしまいます。海外からの旅行客のもてなしで真っ先に思いつくのは観光バスですが、団体でやってくるなど人数が多い場合は使えるとしても、少人数では貸し切りというわけにもいきません。もし定期観光バスなどにいっしょに乗って旅行をするとしても、途中での英語をはじめとする外国語のやりとりその他にかなりの労力を割かなければなりません。観光名所の案内からバスの乗り換え、チケットの手配をはじめとする手間も否定できません。

少人数のおもてなしであれば、ハイヤーを貸し切るという方法があることを覚えておいて損はないといえます。タクシーと比較するとハイヤーという乗り物はあまりなじみがないかもしれませんが、タクシーがまちなかで手を挙げればいつでも誰でも乗ることができる庶民的な乗り物であるのに対して、ハイヤーは完全予約制であり、あくまでも予約をした人専属の乗り物として機能します。依頼者の希望にあわせて行き先や時間帯を調整したり、もてなしの相手にふさわしい運転手を配置してくれたりと、細かなところまでのカスタマイズが可能という特徴があります。

このようにハイヤーならではの特徴は、海外からの観光客をもてなす上でも大きなメリットになります。ハイヤー会社はその道のプロフェッショナルとして、予約にあわせて綿密な相談に応じてくれますし、そのなかで時間や予算などの制限を守りつつ、おすすめの観光名所や体験などをいくつかプランニングしてくれます。このような提案力はなかなか他の交通機関に求めるのは難しく、そういった意味でも利用してみる価値はあるといえるでしょう。

配車される車種は、人数その他によって違いがあるものの、内装が豪華で品位のあるつくりであるということは一致しています。もとより企業の重役の出勤や出張などでも活用されることが多いため、たいせつな客人のもてなしにも都合がよい部分がありますし、長距離を移動しても余計な疲れなどがなく、リラックスして車内で過ごせるという面でのメリットも期待できます。

プランによっては車内でドリンクなどが提供されることもあります。それとともに特筆したいのが運転手のレベルについてです。一般的な乗り物とは違って、ハイヤーは不特定多数ではなく依頼主専属の運転手という扱いですので、旅行中にもさまざまな要望にこたえてもらうことができますし、そのためのスキルを日々磨いている人たちが多いのも事実です。たとえば英語をはじめとした外国語に堪能で、ゲストとも外国語でのやりとりができたり、途中で立ち寄る観光名所の案内などもできたりします。これだけでもホスト役の負担は大幅に軽減されるほか、ゲストである相手の希望のままに旅行を楽しんでもらうことができ、目的達成のためには最適ということができるでしょう。

新着情報

2019年06月24日
ホームページを更新しました。